やずやの発芽十六雑穀





「やずやの発芽十六雑穀」は、不足しがちなミネラルや食物繊維などの栄養分を、毎日の主食であるご飯で手軽に補えるように、穀物をバランスよくブレンドしてあります。
主食で栄養を摂ることができので、おかずの品数を減らすことができます。
主食として白米が広まったのは戦後のことです。
それ以前の人は雑穀を混ぜた主食を食べ、おかずはほんの添えもの程度でした。
それでも元気に働いていたのです。
主食をきちんと食べれば、問題になっている脂肪やカロリーの摂り過ぎも抑えられます。
私たちは食の情報に振り回されて、ついついおかずばかりに目がいきがちでしたが、じつは主食を見直すことの方が身近で大切なのです。
雑穀は現代の食卓に不足しがちなビタミン、ミネラル、食物繊維などを含んだ食品です。
そのうえ、赤米や黒米などに含まれるポリフェノールなど、体に良い栄養素も補えます。
ひと口に雑穀といってもイネ科、マメ科、禾穀(かこく)類と、種類もさまざま。
それぞれが持つ栄養の特性もさまざまです。
そのため白米に比べ、一杯の雑穀ごはんで摂れる栄養の種類が多く含まれ、バランスも良くなります。
「やずやの発芽十六雑穀」は、12種類の穀物を天然塩などで注目されている「にがり」水に浸し発芽させています。
これは、芽が出るときに高まるギャバ(γ-アミノ酪酸)やうまみ成分アラニンをまるごと食べるためです。
また、発芽によって雑穀特有のクセが抑えられ、格段においしくなったということです。
毎日食べるには、美味しくなければ長続きしませんからね。

雪待にんにく卵黄





にんにくはどうして体に良いのでしょうか?
どうしてにんにくを食べると元気になるのでしょうか?
にんにくには、ビタミンやミネラルなどの栄養成分が多く含まれ、最近の研究では、にんにく独特のにおいの中に、体によい成分が含まれていることが分かってきました。
「雪待にんにく卵黄」は、特ににおいが強い青森県産のにんにくのみを使用しています。
にんにくの栄養成分がにおいに多く含まれているので、最高の健康食品の素材と言えます。
気になるのは、「雪待にんにく卵黄」を飲んだ後のにおいですが、にんにくを加熱して使用していますから、もともとあまりにおいがしません。
しかも密閉度の高いカプセルで包んでいますから、胃の中でしか溶けませんので、にんにく料理を食べたときのようなにおいはほとんどありません。
一方、卵黄にはビタミンB1が多く含まれています。
にんにくの栄養成分は、ビタミンB1と組み合わせることによって、よりパワーが発揮されます。
ですから、にんにくと卵黄の組み合わせは、とても理にかなったものと言えます。

熟成やずやの香醋

お酢が体にいいということはわかっていても、普段なかなかお酢をとることができないという人が多いでしょう。
毎日お酢をとり続けることが体にはいいのですが、健康のためとはいえ、あまり無理な計画では長続きしません。
それにお酢を使ったメニューなんてそんなに思い浮かばないでしょう。
やずやは、生活の中で手軽に毎日お酢をとり続けることができるようにしたいと考え、香醋をソフトカプセルに詰め「熟成やずやの香醋」ができました。
香醋は原材料であるもち米から酒を仕込み、そこにモミ殻を加えてつくります。
香醋づくりは、蒸したもち米をていねいに仕込むことから始まります。
出来上がった香り高いお酒は甕へと注がれ、大量のモミ殻を加えて発酵させます。
これを3週間、1日1回職人さんが木製の鍬のようなもので混ぜていきます。
その後、じっくりと寝かせて熟成を待ち、ようやく香醋が出来上がります。
「熟成やずやの香醋」はカプセルに包まれていますので、胃の中でゆっくりと溶けますので、胃腸が弱くても大丈夫。
お酢をそのまま召し上がるよりは胃腸への負担が少ないかと思います。
ただし、空腹時を避けて食後にお飲みして下さい。

やずやの千年ケフィア

「やずやの千年ケフィア」は、カプセルだから続けやすく、いつでもどこでも手軽に飲むことができます。
ケフィアとは、ユーラシア大陸コーカサス地方で育まれたといわれ、長く食されてきた歴史のある発酵乳です。
ロシアの家庭の冷蔵庫には、必ずといっていいほど、サワークリーム、カッテージチーズ、ミルクなどと一緒に、ケフィアが入っているそうです。
また、学校給食にも使っているところがあるほど、広く親しまれています。
ロシアではケフィアは、スーパーマーケットでは常に人気ランキングで上位に入るほど人気商品のようです。
ケフィアもヨーグルトも原料は生乳ですが、発酵させるときに使う微生物の種類が違います。
ヨーグルトや漬物などの発酵食品は、乳酸菌の力でできていますが、ケフィアは乳酸菌と酵母という複数の微生物によってつくられます。
一般的なヨーグルトは乳酸菌だけを使う単独発酵によってできます。
一方、ケフィアは乳酸菌と酵母と複数の微生物を使う共生発酵によってできます。
ケフィアの共生発酵は、ヨーグルトの単独発酵よりも菌がつくり出す代謝産物の種類が多いのです。
年齢を重ねるうちに体内に有用といわれるビフィズス菌は減ってしまいます。
反対に、悪玉菌が増えてしまうそうです。
ヨーグルト、バナナ、ごぼうなど乳酸菌や食物繊維を含んだ食品を食べるようにしたり、いろいろ工夫をしている人は多くいます。
しかし、毎日続けることができず、体調管理が難しいと思っている方が多いかと思います。
そのような方が、毎日を健康にすごすために、体内環境のために、「やずやの千年ケフィア」を試しているようです。

養生青汁

現代の食生活は野菜不足といわれています。
大麦若葉を原料とした「養生青汁」は不足しがちな緑黄色野菜をもっと気軽にとれないものか、そんな思いから生まれました。
毎日必要な野菜の量は350gといわれていますが、実際にはなかなかとるのは大変です。
さらに今の野菜は昔の野菜にくらべて栄養価が減っているといわれます。
例えばほうれん草だと、カルシウムとビタミンCがなんと半分近くも減少しているとか。
これではたくさん食べても、十分な栄養がとれるとは限りません。
ミネラルやビタミンを豊富に含んだ大麦若葉を、朝摘みしてその日のうちに搾った青汁には大切な栄養素がたっぷり含まれています。
飲みやすいので無理なく続けられます。
やずやの「養生青汁」は、味やにおいにクセがない六条大麦若葉が原料なので、抹茶のような味でとても飲みやすいのです。
ほんのりとした甘みがあるハト麦エキス末を混ぜているので、青汁の口当たりも柔らかいのです。
「養生青汁」には、いろんな飲み方があります。例えば、
・牛乳+青汁=抹茶風ミルク
・ヨーグルト+青汁=サッパリしてほんのり甘いヨーグルト
・コーンフレーク+青汁=抹茶風フレーク
飲み方はいろいろ、お好みによってハチミツやお砂糖で甘みをプラスしてみるのもお勧めです。