やずやの千年ケフィア

「やずやの千年ケフィア」は、カプセルだから続けやすく、いつでもどこでも手軽に飲むことができます。
ケフィアとは、ユーラシア大陸コーカサス地方で育まれたといわれ、長く食されてきた歴史のある発酵乳です。
ロシアの家庭の冷蔵庫には、必ずといっていいほど、サワークリーム、カッテージチーズ、ミルクなどと一緒に、ケフィアが入っているそうです。
また、学校給食にも使っているところがあるほど、広く親しまれています。
ロシアではケフィアは、スーパーマーケットでは常に人気ランキングで上位に入るほど人気商品のようです。
ケフィアもヨーグルトも原料は生乳ですが、発酵させるときに使う微生物の種類が違います。
ヨーグルトや漬物などの発酵食品は、乳酸菌の力でできていますが、ケフィアは乳酸菌と酵母という複数の微生物によってつくられます。
一般的なヨーグルトは乳酸菌だけを使う単独発酵によってできます。
一方、ケフィアは乳酸菌と酵母と複数の微生物を使う共生発酵によってできます。
ケフィアの共生発酵は、ヨーグルトの単独発酵よりも菌がつくり出す代謝産物の種類が多いのです。
年齢を重ねるうちに体内に有用といわれるビフィズス菌は減ってしまいます。
反対に、悪玉菌が増えてしまうそうです。
ヨーグルト、バナナ、ごぼうなど乳酸菌や食物繊維を含んだ食品を食べるようにしたり、いろいろ工夫をしている人は多くいます。
しかし、毎日続けることができず、体調管理が難しいと思っている方が多いかと思います。
そのような方が、毎日を健康にすごすために、体内環境のために、「やずやの千年ケフィア」を試しているようです。