熟成やずやの香醋

お酢が体にいいということはわかっていても、普段なかなかお酢をとることができないという人が多いでしょう。
毎日お酢をとり続けることが体にはいいのですが、健康のためとはいえ、あまり無理な計画では長続きしません。
それにお酢を使ったメニューなんてそんなに思い浮かばないでしょう。
やずやは、生活の中で手軽に毎日お酢をとり続けることができるようにしたいと考え、香醋をソフトカプセルに詰め「熟成やずやの香醋」ができました。
香醋は原材料であるもち米から酒を仕込み、そこにモミ殻を加えてつくります。
香醋づくりは、蒸したもち米をていねいに仕込むことから始まります。
出来上がった香り高いお酒は甕へと注がれ、大量のモミ殻を加えて発酵させます。
これを3週間、1日1回職人さんが木製の鍬のようなもので混ぜていきます。
その後、じっくりと寝かせて熟成を待ち、ようやく香醋が出来上がります。
「熟成やずやの香醋」はカプセルに包まれていますので、胃の中でゆっくりと溶けますので、胃腸が弱くても大丈夫。
お酢をそのまま召し上がるよりは胃腸への負担が少ないかと思います。
ただし、空腹時を避けて食後にお飲みして下さい。